病院・クリニック・診療所の経営問題は埼玉県さいたま市の特定社会保険労務士 橋本事務所

事務所代表プロフィール

1971(昭和46)年2月2日 埼玉県浦和市(現さいたま市)にて生まれる。
市内の小・中・高校を卒業。駒澤大学文学部社会学科卒業。人を対象にした社会学を専攻し、組織やコミュニケーションについて学ぶ。
卒業後、現在ホームセンター売り上げ1位の株式会社カインズに入社。
店舗にて商品の発注、陳列、販売など販売管理業務を担当。マーケティングの基礎を学び、しばしば売上目標を達成する。
『売れる売場作り』を常に念頭に置き、社内で開催された売場コンテストにて最優秀賞を獲得する。

その後、進学塾最王手の株式会社早稲田アカデミーに勤務。
『分かりやすい授業』だけでなく、『人を惹きつける話し方』など講師の基本を学ぶ。
その結果、講師として校舎内でNo1の合格実績を達成した実績を持つ。(教え子の進学先は御三家や早慶付属校など、私より優秀です!)
前職での経験を活かし、集客にも大いに貢献する。

その後、東京の社会保険労務士事務所に勤務。
300社近い中小企業を対象に、労働・社会保険の書類作成・提出、就業規則をはじめとする規程集作成、採用サポート・定着率向上などの人事業務、
勤怠管理・有給休暇対策やパート対策などの労務管理業務、解雇・問題社員対応などの労働問題解決コンサルティング等人事労務・経営全般に従事する。
また前職での経験を活かし、社内セミナーの講師も務める。

現在は埼玉県さいたま市に、社会保険労務士事務所を開設している。
経営者の方とともに『人を活かし、発展する会社』を目指す社会保険労務士として、企業の人事労務・経営をトータルにコンサルティングしている。
主に、ルール作成、職員研修などの医療機関の人事労務・経営コンサルティング、
残業代、休憩、有給休暇などの労働問題・職場のトラブル解決には特に力を入れており、医療機関の活性化に積極的に取り組んでいる。
経営者の立場に立ち、会社の実情に沿ったアドバイスを心がけている。

2000年に原因不明の高熱、2003年には2カ月連続でのめまい発症による入院、続けて微熱・体調不良。手術・入院を繰り返す日々が3年ほど続く。
現在も定期的に通院を続けているものの、自分の体との付き合い方が分かってきて、今では体調を崩すこともないくらい安定してきた。
以前より健康管理に気をつけている分、かえって体調がいい日が多いくらいである。
病気の後遺症で片耳は聞こえないものの、その分相手の方の話を集中して聞くようになったと考えられるようになる。
同年代の人では経験できないほどの病院通いをした結果、たくさんの医師や看護師、事務スタッフなどとも接する。
その中で、患者の立場としてまた行ってもいいと思える病院、二度と行きたくない病院の経験も多数。
観察を重ねていると当然両者には、理由があることも分かる。
その経験を活かし、現在では病院・医院向けの人事労務コンサルティングにも力を入れている。

PAGETOP
Copyright © 病院・クリニック・診療所の為の人事労務サポート|社会保険労務士橋本事務所 All Rights Reserved.